朝のガンガーをボートで行く

f:id:happonashi27:20161127210459j:plain


早朝5時半に起きて、ガンガーをボート見学。南と違い、北インドの朝はけっこう寒い。バックパッカーの間では有名な日本語堪能バダルさんが案内してくれた。


バダルはカースト制のことを説明してくれた。

カースト制度といえば、インドの階級差別のことだと思っていたが、実際は少し違うようだった。階級というか、役割みたいなものだろうか?「会社に社長、部長、経理、総務とかあるでしょ。そんな感じ」とバダルが言っていた。

カーストという言葉はポルトガル語の「カスト(血統)」が語源。16世紀にポルトガル人がインドに来たときに、名付けた呼び方。インド古来のヒンドゥー語での呼び方は「ヴァルナ」と言う。

カースト(ヴァルナ)は大きく4つに分かれる。(不可触民も入れると5つ)

バラモン(司祭など宗教的な支配階級)
クシャトリヤ(政治的、軍事的な支配階級)
●ヴァイシャ(農業、牧畜、手工業などの生産業)
シュードラ(かつては奴隷階級。今はヴァイシャと同様に生産業など)

その下にダリットという不可触民の層がある。

カーストは、さらに細かい役割(ジャーティと呼ばれる)に分類され、ジャーティの数は数千になるそう。

一番下は、ダリットの中のドームと呼ばれるジャーティで、火葬場で働く人を指す。その次が掃除をする人で、その次が洗濯をする人だと、パダルが教えてくれた。

カーストは身分であって、シュードラに生まれても努力とお金次第では、医者や弁護士になり、お金持ちになれるらしい。でも裕福になってもシュードラというカーストは変わらない。

ヨガの哲学の授業でスワミジが、「カーストというのは差別ではなく、本来はインドの伝統的な習慣。社会が上手く機能するように、各人に与えられた役割のこと。イギリス植民の時に、イギリス人がインドを近代化する際、カースト制度を差別として利用し、歪んだ形にしてしまった」と言っていたのを思い出した。インド独立の父ガンジーも「本来のカースト制度は、相互協力による有機的な社会の原理」と言っていたそう。

「インド人はカーストを悪いものだと思っているのか?」と聞いたら、「思っている人もいるけど、半分の人は思っていない」と言っていた。

そんな話を聞いていたら、ガンガーの対岸に着いた。対岸はなにもない。砂浜みたい。

近くに貧しい村があり、その住民が強引な詐欺をしてきたり、危険な場所なので、1人で来てはだめと言われる。強引な詐欺とは、握手を求めてきて、交わしたら、そのままマッサージされ、最後にお金を請求されるとか、馬を連れてきて触らせて、最後にお金を請求されるとか。わたしが対岸にいる間にも何人か来たけど、バダルが追い払ってくれた。

対岸から見るガンガーとガードは、エキゾチック極まり、映画のセットみたいだった。でもそれは即席の映画のセットではなく、何千年かけて作られてきた人の営みや定めや生死がぎっしり詰まってる。

インドは不思議な場所。ガンガーに祈りを捧げ神聖な川という割には、ゴミだらけだし、火葬の儀式も丁寧に時間をかけて行うのに、その脇で犬が燃え残った遺体を食べているのを放置するし、火葬場のすぐ横では子供たちが凧上げをして遊んでいたりする。ベースの価値観というか道徳が、日本と全く異質のもので、本当に不思議な感覚になった。

想像以上だったバラナシの初日

f:id:happonashi27:20161127020641j:plain


何を書いたらいいのかわからないくらい衝撃的な街だった。相当なエネルギーを使ったけれど、来て本当によかったと思う。


牛、犬、猿、ヤギ、たまに豚、ハエ。牛も白かったり、茶色かったり、黒い大きな水牛だったり。人も同じで、貧富の差が激しすぎて、同じ人間だけど、同じ人間にあらず。街のカオスっぷりはオールドデリーより勝る。

普通だったら包み隠されるものが、開けっぴろげ。現代と古代がごちゃまぜ。

人と接する時も、信じなきゃいけない時と疑わなきゃいけない時と、その加減が難しかった。警戒心は絶対に必要だけど、警戒しすぎてガチガチに固めるのもつまらないし、疲れるし。

初日は12時くらいに空港につき、宿まで送迎してもらう。宿は日本人バックパッカー御用達のサンタナにした。サンタナにつくと、ちょうど数人がお昼ご飯に出かけようとしたので、便乗。人が1、2人通れるくらいの幅の迷路みたいな路地を牛とすれ違いながら進む。はぐれたら絶対に戻ってこれない!!

お昼を食べた後、ガンガー沿いのガートを散歩すると言うので、これも便乗。(ガートとは川に降りれる階段になっている部分。全部で84のガートがある)

ガンガーの第一印象は、「けっこう狭い」だった。流れもとてもゆったりで、向こう岸まで泳げそう。そういえば一緒にいたメンバーは今朝みんなで沐浴したらしい。頭まで浸かったと言っていた!すごい!!わたしはいろいろ怖くて無理!

途中、小さな火葬場があり、腰の高さくらいまで積み上げられた蒔が燃えていて、周りに家族がいて見守っていた。遠くから少し見学。

1時間ほどで北側のメインガートのアッシガートについたので、引き返すことにした。「同じ道を引き返してもつまらない」と誰かが言い、川沿いから外れた路地を戻ることに。ガートから一歩路地に入ると、そこはもう迷路。曲がり角の次に何が現れるかわからない。バラナシ初日の私にとっては、天然のお化け屋敷。軒先で鶏をさばいているお店?があった時はかなり驚いた。

北インドは貧富の差が激しい。日本にも格差はあるけれど、インドに比べるとないに等しい。例えばデリーで宿泊した所は、デリー郊外のグルガオンというところで、adidasなど有名なブランドが入るショッピングモールもあり、私が見てきたインドの中では一番整備された場所。デリー空港だって、成田とほとんど変わらない。でもバラナシやデリーでは、今にも崩れそうな廃墟みたいな家や、木の棒を組んだものに布を掛けて家にして暮らしている人が普通にたくさんいる。片足がなくて手でサイクルリキシャを漕いでいるおじさんや、子供を抱えてミルク代をせがんでくる女の人にも会った。

夜はプージャを見に再びガートへ。1人はまだ怖いし、行き方もわからなかったので、宿に泊まっている人に声をかけ、連れて行ってもらう。

プージャはヒンドゥー教の祈り儀式。毎晩、日没後に行われる。お祭りみたいな雰囲気だった。そしてバラモンかっこいい。ヨガの入学式の時にやってもらった儀式と少し似ていたり、流れている歌の端々に知っている言葉、メロディーがあって、ケララでのヨガ生活を思い出し切なくなった。

夕ご飯の時間になったので、宿に戻って、頼んでおいた野菜炒めを食べた。インドで食べる野菜炒めは、オクラの割合が高く、おもしろい味がした。明日は5時半に起きて、ガンガーをボートで見学する。



デリーで骨折れる

f:id:happonashi27:20161125014239j:plain


ヴァルカラ最終日は夜の11時にバスでコーチン空港に向けて出発。7時30分コーチン発の飛行機でデリーに向かう。ヴァルカラは3泊4日、キッズヨガ以外には、日本人旅人と偶然出会い交流したり、蟻大量発生事件があったり、ココナッツバナナケーキにはまったりした。

デリー空港について、キッズヨガを一緒に受けたメンバーと別れ、ここからは1人。

実はヴァルカラ最終日あたりから体調を崩していて、喉が痛く、頭痛と、少し悪寒。たぶん風邪。少ししんどいが、気合いでデリー観光。空港から一つ目の観光場所の世界遺産ラールキラーまで送ってもらい、そこでスタッフさんとはバイバイ

ラールキラーは、インド人観光客が多く、そんなに興味をひかれる感じもなかったのでさくっと。大変だったのは、ここから。ラールキラーを出て、さて右も左もわからない。なんとなく人の流れていく方へ歩いて行くと、「リキシャ
乗らない?」「写真撮るよ」「ガイドするよ」と言った感じで、常に声をかけられ付きまとわられる。

騙されそうだし、怖かったので、かわして歩いていたけれど、次の目的地までの行き方がさっぱりわからないので、話しかけてきた1人と値段交渉して、ガイドを頼んだ。サイクルリキシャをやっている35歳へモンさん。サイクルリキシャは怖かったから、オートリキシャがよかったのだけど、もうとにかくカオスでよくわからなくなっていて、「I'm scary. Be careful. Drive safely」を連呼しながら乗車。

へモンさんはジャマーマスジットというイスラム教の寺院と、オールドデリーを回ってくれた。途中で、買わないと言っているのに、知り合いのサリーショップに連れていかれたけど、「私は買い物に興味がない」と言って断った。へモンさんはそんなに裕福そうではないし、向こうも商売に必死なのはわかるけれど、わたしもいろいろ必死なので、ごめんね。

最終的にニューデリーに行きたかったので、へモンさんにお願いすると、ここからニューデリーはサイクルリキシャでは遠いから、電車がいいと言われ、駅の近くまで連れて行ってもらい、降ろしてもらう。

そして駅に向かうがけっこう距離があって、ものすごい人混みとクラクションと犬とか物乞いとかをかき分け駅に着くが、駅もすごい人でどうやって電車に乗ればいいかわからない。インド人女性に聞くと、オートリキシャかタクシーで行った方がいいと言われる。再度先ほどの場所まで戻り、タクシーかオートリキシャを拾おうと思ったけれど、なんかもう喧騒がすごくて、なんかみんな怖い顔してるし、値段もみんな言ってくる額が違い、どれが適正な価格なのかわからないし、しばし路頭に迷った。

結局「やっぱり公共機関だ!!」と思い、再度駅へ。途中何度も車にひかれそうになった(横断歩道というものがないので、車のわずかな切れ目を探してかなり強引に渡る)

なんとか電車に乗り、ニューデリー駅へ。ニューデリー駅も人が凄まじく、道とか階段にぎゅうぎゅうに寝てる。うわーと思ったけれど、落ち着いて考えれば、東京も似たようなものだと思い、ここは新宿と暗示をかけながら、メインバザールへ。メインバザールの雑貨屋で少し買い物をして、その後コンノートプレイスに行ってお茶をして、ニューデリーから電車で1時間くらいかけて宿まで帰った。

初見のデリーは少し驚いた。とくにオールドデリー。カオス。ここいうのがカオスって言うんだと思った。うるさい、人多すぎ、汚い、電線からまりすぎ、猿が襲ってくる、犬がかわいくない、ごちゃごちゃ感半端ない。数日いれば慣れるとは思うけど、わたしは1日でいろいろ回ったので、骨が折れた。明日はバラナシに飛ぶ。
広告を非表示にする

ヴァルカラでキッズヨガ

f:id:happonashi27:20161123014205j:plain


コーチから車で6時間かけて、ヴァルカラという場所にきている。海に近く、宿から歩いて5分ほどでビーチ。ビーチ沿いには、いろんなお土産屋や飲食店が並ぶ、田舎の観光地。観光で来ている白人も多い。


ヴァルカラで行われる3日間のキッズヨガの講習を受けに来た。先生はスペイン人で名前はカイエ。

キッズヨガは想像してた以上に面白く、カイエが素晴らしい先生で、私たちのエネルギーを引き出すのがとても上手だった。みんな笑いっぱなしで、たまに叫んだりしながら、あっという間の3日間だった。

最終日には、5人ごとに分かれ、1人15分のティーチングを行った。事前に考えていたプランでやろうと思っていたのだけれど、直前でなんか硬い、なんか違うと思ってしまい、本番はほとんど即興でやった。結果的にその方がのびのびできたのでよかったと思う。でも私が必死すぎて、もし本当に子供相手だったら、子供たちが怖がってしまう可能性大だった。カイエも言っていたけれど、先生は笑顔で、楽しさやハッピーを子供たちとシェアしていく気持ちを忘れてはダメ。

これまでの自分にはない引き出しを開けてもらった感じ。楽しかったなー。

卒業式

f:id:happonashi27:20161122020827j:plain


最終日。


朝のアーサナ終わりのシュローカーの途中から、涙止まらず。
(シュローカーとはお祈りの歌のこと)

ここに来た理由の一つに、仕事が楽しく、のめり込み、でも徐々にのめり込み方が暴走し、コントロールがきかない状態になってしまい、リセットしたかったというのがある。

インドで、すばらしい環境と先生方に囲まれ、心と体の底から、本当によい形でリフレッシュすることができたと思う。

シュローカーが終わった後、ブーマジは私たち一人一人の顔を見ていた。(ブーマジはこのコースのディレクターで、アーサナの先生)長い沈黙だった。普通ならクラスの最後で、何か気のきいたことでも話すタイミングなのかもしれないし、多くの先生はそうすると思うのだけれど、ブーマジはしゃべらず、黙って、ただ視線を送ってくれた。その沈黙が、本当に暖かくて、すがすがしくて、勇気を与えてくれて、とても感動してしまった。

卒業セレモニーの時に、スワミジが「Life is easy. Life is simple. But we make it complicated」と言っていた。

私はやはり人生は複雑で大変だと思ってしまうけれど、1ヶ月前よりはだいぶ肩の力が抜けたように思う。考え方次第では、もしかしたら生きるということは容易でシンプルなことなのかもしれない。この瞬間は少しそう思える。きっと日本に帰ったら、また忙しい日々がやってきて、そんなふうに考えることはできなくなるのかもしれないけれど、今この一瞬そう思えたということは、覚えておきたい。

本当にすべてが楽しかった。インドにヨガを学びに来てよかった。勉強と練習を続けて、RYT500にチャレンジしに、また戻ってきたい。
広告を非表示にする

瞑想とサイレンス

f:id:happonashi27:20161119122306j:plain


毎朝6時から30分間、川のほとりにあるヨガホールで瞑想を行う。ホールと言っても、壁はなく、蚊よけの網がはってあるだけなので、中から川の風景が透けて見える。そして網はほぼ機能しておらず、蚊が容赦なく入ってくる。


6時はまだ暗く、ホールの中の燭台に火が灯してあり、その灯りを頼りに空いている場所を探し、自分のヨガマットをひく。

「Sit on comfortable position and back straight」という声で瞑想が始まる。瞑想担当のパラさんはとてもいい声。

瞑想の仕方はいろいろで、体にあるチャクラというエネルギーの集まる場所を意識したり、「om」というお唱えを心の中で唱えたり。

私は正直なところ、目を閉じると余計なことばかり考えてしまって、あまり集中できない。初めの3分くらいは、チャクラだったりお唱えだったりやってみるけど、すぐに飽きて、ぜんぜん関係ない、今日のご飯何かなとか、休憩時間に洗濯しなきゃとか、お土産どうしようとか、そんなことばかり考えてしまう。

でもそれで終わってしまったらなんかもったいない気もするので、最近は周囲の音を聞くようにしている。川の音とか、鳥や虫の声とか。自然の音を聞いているのは、割と飽きないから不思議。

30分間はけっこうあっという間。終わってゆっくり目を開けると、外は日が出て明るくなっていて、瞑想前は暗闇の中を流れていた川も、明るくはっきりと姿が見えるようになっている。目を開けて朝日の中の川を見る瞬間は、とても気持ちがいい。

最近、生徒の中で流行っている?ことがある。サイレンスといって、1日中話さないことを指す。

ヨガでは、自分の感覚をコントロールすることが大切と教えていて、そのための方法の一つにサイレンスがある。普段は無自覚にしゃべってしまうが、それを抑制することで、「話す」ということに自覚を持ち、客観視する力を育てることができる。

(ヨガではないが、ヴィパッサナー瞑想というものがあり、それは10日間話さず、誰とも目を合わさず、行う瞑想。世界中で行われており、日本でもセンターがある)

私も、ルームメイトと「サイレンスやってみよう」ということになりやってみたが、意外と快適だった。頭がすっきりして、心が落ち着く感じ。目を閉じると聴覚が強く感じられるように、しゃべらない分他の感覚が研ぎ澄まされる。ルームメイトも楽だったと言っていた。普段当たり前にしている話すという行為は、けっこうエネルギーを使っているのかもしれない。生徒の中には数日間継続してサイレンスをした人がいて「自分は普段気を使ってしゃべっているかもしれない。話さなくていいのはけっこう楽」と言っていたらしい。

全く話さずに生活していくのは不可能だし、社会生活を送る上で会話はとても大事だが、人や情報の波に疲れてしまった時など、サイレンスしてみるのもいいかも。
広告を非表示にする

お金が紙切れになった

f:id:happonashi27:20161116015110j:plain


先日、インドで一般的に使われている500ルピー紙幣と1000ルピーの紙幣がいきなり無効化した。
ブラックマネー横行の阻止とテロ組織へのお金の流入を防ぐために、新紙幣に変えるらしい。

それにしても急。8日の夜に大統領から「明日から500ルピーと1000ルピーは使えなくなります!」と発表があって、翌日から本当に使えなくなった。9日はお休みの日だったので、買い物に行ったのだけれど、500ルピーで支払おうとしたら、受け取ってもらえなかった。

銀行で新しい紙幣に変えてくれるらしいのだが、実際は新紙幣の数が足りなくて変えてもらうことは難しく、しょうがないから現行の100ルピー紙幣か2000ルピー紙幣に変えることになるのだが、2000ルピーは額が大きく、少額の買い物だとおつりがないからという理由で受け取ってもらえないことが多々ある。(普段でも10ルピー未満のおつりだと、かわりにお菓子で渡さたこと度々)

となると、みんな100ルピーに変えるので、100ルピーもなくなってしまい、しょうがないから2000ルピーに変えるしかないのだけど、その2000ルピーも使おうとすると、おつりがないからと断られてしまう。

ということでお金が機能してません。

私が今持っているルピーは2600ルピーで、1000ルピーが2枚、500ルピーが1枚、100ルピーが1枚なので、1000ルピーと500ルピーが使えないとなると、所持金が100ルピーしかない状態に!(日本円で約160円くらい!)ピンチ!

お金が価値を失うなんてことが、自分の身に起こるとは思ってなかった。でもお金が紙切れになろうと、ここでの生活は淡々と過ぎていく。

スワミジが「ヴェーダの教えでは、アートマー以外は、すべてミッティヤーだからね」と意を得たように言っていた。(ヴェーダとは、インドの聖典。アートマーとは、この世のすべての源となる永久不変の意識。ミッティヤーとはアートマー以外の全てを指し、永遠ではないもの)

※後日、銀行で無事、100ルピーと50ルピーに変えてもらうことができた。私のところで100ルピーと50ルピーが尽きたのか、私の次の人は2000ルピーの両替を頼んだら、10ルピーを200枚渡されていた。