ホグマガ2012年8月号【前屈が柔らかいと何がいいの?】

こんにちは!山本です!
毎日、暑いですね!
私は以下で夏バテ対策をしています!


○食事は野菜、果物中心に。消化に時間のかかるものを食べ過ぎない
○適度に運動して汗をかく
○冷房で冷えてしまった日の夜は必ず湯船につかってリセット

夏をのりきりましょう!






☆☆☆☆☆☆今月のホグマガ☆☆☆☆☆☆


1.ホグレルチャレンジ実施中!~前屈がやわらかいと何がいいの?~
2.今月のホグレルイベント



=======================================


1.ホグレルチャレンジ実施中! ~前屈がやわらかいと何がいいの?~



みなさま、ホグレルチャレンジはやっていただけましたでしょうか?
「ホグレルチャレンジって???」という方に簡単にご説明を。


チャレンジ期間中(7月末~9月29日)で前屈と上体反らしのBefore/Afterを測定し、改善ポイントが高かった方にプレゼントをお渡ししちゃいます!
「なかなかやわらかくならない・・・」という方は、この機会にトレーナーにトレーニングをチェックしてもらいましょう!
体の微妙な角度や姿勢の調整だけでも、新しい刺激がありますよ!

 


今回のホグマガでは、チャレンジ項目のひとつ「前屈」について掘り下げてみます。
前屈は柔軟性チェックの代表的な項目ですが、そもそも前屈がやわらかいと何がいいのでしょう?


答えは「骨盤の前傾がとりやすくなり、骨盤が動きやすくなる」からです。


前屈が柔らかくなるためには、腿裏の筋肉の柔軟性が必要です。

腿裏の筋肉は脚の骨と骨盤についています。

長時間のデスクワークなどで、座る時間が長い生活をしていると、多くの人が腿裏の筋肉が硬くなります。すると骨盤が後傾方向に引っ張られ、骨盤前傾がとりにくくなります。

そのままほおっておくと骨盤が後傾したまま、筋肉が固まってしまいます。

運動の機会が減り、股関節を大きく動かすことがなくなるので、骨盤まわりの筋肉が硬くなってしまうのです。
骨盤の後傾している姿勢は、腰、膝に負担がかかりやすく、その状態が長く続くと痛みが出てしまうことも。


私は、ホグレルトレーナーになる前、非常に体が硬く、前屈も手が床から10センチ以上も離れているような状態でした。
トレーニングを重ね、前屈が柔らかくなり、骨盤の前傾がとれるようになると、
「バランスよくしっかり立てるようになった」
「歩幅が広くなり、全身を使って歩けるようになった」
「全体的にとても動きやすくなった」
「体重はさほど変わらいが、体のラインがきれいになった」
などの変化がありました。

スポーツをやっている方にとっても骨盤の前傾は大切です。
骨盤が後傾し、動かなくなってしまうと、体幹や下半身の筋肉を上手く使うことができなくなってしまいます。大きなパワーを発揮するためには、体幹や脚の筋肉を効率的に使い、骨盤の前傾の動きが必要になってきます。


最後に補足すると、「骨盤の前傾がゼッタイ良い!」ということではないので注意。


現代日本で日常生活を普通におくっていると陥りやすい「骨盤が後傾のまま固まってしまう」状態が体にとってよくないのであり、骨盤は前傾したり後傾したり、どちらにも動かすことができる状態がベストです。


ホグレルでトレーニングされる時に、ぜひ自分の骨盤の角度を意識してみるとおもしろいですよー。



次回は「上体そらし」について書きます!


小学生の頃によくやりましたよね。
私もひさしぶりにやりましたが、けっこうしんどかったです。子供の頃は余裕だったのに・・・。


測定のときは、いきおいをつけず、無理をしないようにお願いいたします。




=======================================

 2.今月のホグレルイベント情報


○ホグレルチャレンジ&ホグレルダービー開催中!詳しくはスタッフまで!


○8月24日(金)19時~  

「ホグレルナイトラン&ウォーキング」@神田店
  先月 好評を頂きましたナイトラン!今月も開催します!


○8月29日(水)19時~ 料金:1500円 

ダンスレッスン」@神田カルチャーブレンドスタジオ
日本橋店の後藤トレーナーによるダンスレッスン!後藤トレーナーはダンス歴20年!



=======================================


今月も読んでいただきありがとうございました。
ホグマガで扱ってほしい内容などありましたら、 お気軽にスタッフにリクエストしてください♪


ホグレルお店ブログ http://ameblo.jp/hogrelspace/


ホグレル営業ブログ http://ameblo.jp/yoannahogrel