ホグマガ2013年3月号【断食の多様な健康効果について】

こんにちは。山本です。

 

少しずつ暖かな日差しを感じられるようになってきましたね。
暖かくなるのはうれしいですが、花粉症の方にはつらい季節が・・・。

いろいろな花粉対策がテレビなどでやっていますが、
今回のホグマガでも一つ対策を紹介したいと思います!

花粉症だけではなく、デトックス効果で色々な面から体の調子を整える作用があるようですよ。

 

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆今月のホグマガ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

1.断食の多様な健康効果について
2.今月のホグレルイベント
3.人生初スノボーの反省

 

 


=======================================

 

 

1.断食の多様な健康効果について

 

先日、お店で会員さまとお話していたら、「断食」の話になりました。


何やら静岡に断食療法を行っている施設があり、たまにそこで断食をするそうです。
期間は1週間!
専門家の指導のもと行うので、安全で、苦しさはなく、とても体の調子がよくなるそうです。
確かにその会員さまは肌もきれいで健康オーラが出ています。


また違う会員さまは、月1断食をしているとのことで、お話を聞くと、月末の土曜日を断食の日と決めて行っているそうです。
やはり体の調子がよくなり、断食の翌日は体がすっきりした感じがあるそうです。

 


断食の効果を調べてみました。


デトックス効果
乱れた食生活を続けると、肝臓の機能が鈍り、排出されなくなった毒素が脂肪に蓄積する。断食で肝臓を休ませることで機能が回復し、脂肪も燃焼されるので蓄積された毒素も排出され、体の調子が整います。

 

○内臓の働きの回復
食べ物の消化吸収には、多くのエネルギーを使います。食べた後に眠くなるのは、体がエネルギーを内臓の消化吸収に優先的にまわしているためです。
断食で内蔵を休ませることで、消化吸収に使われていたエネルギーが組織や細胞の回復に使われ、臓器の機能がよくなり、食べ過ぎによる倦怠感などが改善されます。

 

○脂肪燃焼
私たちのエネルギーはまず肝臓や筋肉に貯められたグリコーゲンから使われ、脂肪が燃焼するのはその後です。断食で、グリコーゲンを使い切ることで、次のエネルギー源である脂肪を燃焼させやすくします。

 

○免疫力の向上
断食で腸内環境がよくなると、免疫の担い手である白血球の働きが活性されます。
かぜをひきにくくなったり、花粉症などのアレルギー症状が軽減する効果も期待できます。

 

○精神的なリフレッシュ
断食で体の内側に意識をむけ、ゆっくり時間を過ごすことで、気分のリフレッシュになります。実際、断食後、とても頭がすっきりするといった声も多いようです。

 

 


いろいろな効果がありますねー。
わたしもやってみたいです!
でも断食は体にとって大きな変化です。十分な注意が必要です。

 

 

 

●いきなり断食をせず、少しずつ行う。例えば土曜日を断食するのであれば、金曜の夜はフルーツやサラダだけなど軽めにする。断食後もいき なり食事を戻さず、お粥からはじめる(断食後は味覚がリセットされ、お粥が非常においしく感じられるようです)


●断食中は水分をしっかりとる。


●断食中はリラックして過ごす。といっても休みすぎず散歩程度の軽い運動をしたほうが効果的なようです。


●2日以上の断食は、体への負担が大きいため、専門家のもとで行うのがよい。

 

 

個人で行う場合は、以上を注意しながら行いましょう。
お金もかからず、簡単にできる健康法だと思います。
一人でやると心が折れそうなので、ご家族やご友人と試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 
=======================================

 

2.今月のホグレルイベント情報

 

○3月8日(金)19時30分~

「ヨガレッスン」 @八丁堀区民館
今回のテーマは「骨盤周辺の柔軟性」です。

 


○3月16日(土)16時30分~

「コリアンダンス」@八丁堀店 
ご好評頂き、第二回開催!

 


○3月27日(水)19時~

ダンスレッスン」@日本橋店付近施設
後藤トレーナーのホワイトボード講義は好評です。

 


○3月30日(土)10時~

「皇居ラン&ウォーキング」@神田店
さくらが咲いているかな?

 


=======================================


3、人生初スノーボードの反省

 

私事になりますが、先日、初めてスノーボードをやってきました。
何回転んだかわからないくらい転び、体のあちこちが痛くなりました。


○お尻パッドなんかいらないと侮っていましたがけっこう必要。

○膝のサポーターも必要。

○あーもう倒れる!と思ったら落ち着いて転ぶ姿勢に。あわてて転ぶと手を強くついたり、けがにつながる。実際にした。

○まわりにあわせてコースに行かず、なだらかな緩斜面で十分に練習をする

○感覚がつかめない状態でリフトにのるのは危険

 

私のように運動神経にやや自信がない方で、スノーボード初体験!という時がありましたら参考にしてください。

 

 

 

=======================================

 

 

今月も読んでいただきありがとうございました。
ホグマガで扱ってほしい内容などありましたら、
お気軽にスタッフにリクエストしてください♪


ホグレルお店ブログ http://ameblo.jp/hogrelspace/


ホグレル営業ブログ http://ameblo.jp/yoannahogrel


来月の配信は4月2日予定です。
今後も、宜しくお願いします!