ホグマガ2013年4月号【腹圧トレーニングでお腹やせ】

こんにちは。山本です。


今年の桜は、あっという間に咲いて、散ってしまったような。
週末の天気もいまいちで、満足なお花見をすることができませんでした。
皆さまはお花見できましたか?
桜も散り、これからはどんどん暑くなりますね!
今月は薄着の季節にそなえて、お腹周りのトレーニングを紹介します!

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆今月のホグマガ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

1.腹圧トレーニングでお腹やせ
2.今月のホグレルイベント
3.ラテン!ダンス競技会レポ

 


=======================================

 

1.「腹圧」をかけてお腹やせ

 

皆さま、「腹圧」という言葉をご存知ですか?

 

腹圧とは、腹筋と横隔膜が収縮することでかけられる、腹腔の圧のことを言います。

お腹の内側の圧力ですね。
腹圧がしっかりかけられているかいないかで、身体の状態は大きく変わってきます。


学校にある骨格模型を思い出してみてください。
胸のあたりは肋骨でおおわれていますよね。どうぞ自分の肋骨をさわってみてください。肋骨の内側には肺や心臓がおさまっていて、肋骨によって守られています。

 

肋骨を上からさわっていくと胸の下あたりで途切れます。
肋骨の下のお腹の部分には、骨がありません。
背中側に背骨があり、その前に胃や腸などの内臓があり、そのまわりを腹筋が覆って臓器を守り支えています。

 

腹圧が弱くなると以下のような状態に・・・

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

胃下垂になりやすくなる
●内臓の血流が滞り、内蔵機能が低下
●お腹に脂肪がつきやすくなる
●姿勢が悪くなる
●腰痛になりやすくなる
体幹が不安定になる

 

 

今、ホグレルスペースで実施中の「姿勢診断」で「そり腰」にはまってしまった方は要注意!腹圧が弱い可能性があります。

お家とホグレルスペースでできる簡単腹圧トレーニングをご紹介しますので、思い当たる方はぜひやってみてください!

 

 


【お家で行う】


①布団に膝をたてて仰向けにねます。
②鼻から大きく息を吸い、口から吐きます。
③吐ききったところからさらに吐ききります。
※③の状態でお腹を確認してください。下腹部が硬くなり、薄くなっていますか?なっていればOK。

 

数回繰り返します。

 

 

【チェストスプレッドで行う】


①手が後ろにいって、胸が伸ばされるときに息を吸います。
②手が前に戻ってきて、胸を閉じるときに息を吐きます。
※吐いたときに下腹部が硬くなり、薄くなっていればOK。肩が力まないようにしましょう。

 

 

 

チェストスプレッドで行うのは、少し難しいので、感覚がつかめるまでゆっくりやってもいいと思います。


腹圧がしっかりかかっていると立っているときに姿勢が安定する感じがあったり、動きやすかったりします。


ぜひ試してみてください!

 

 

 


=======================================

 

2.今月のホグレルイベント情報

 

○5月末まで

「ホグレル式姿勢診断」@全店舗
前と横からの姿勢を撮影し、今の体のバランス状態を確認して、トレーニングアドバイスをさせて頂きます!

 

 

○4月10日(水)19時30分~

「ヨガレッスン」@八丁堀区民館
今回は神田店の関トレーナーも参戦!

 


○4月27日(土)16時30分~

「コリアンダンス」@八丁堀店 
ご好評頂き、第三回開催!

 

 

○4月27日(土)10時~

「皇居ラン&ウォーキング」@神田店
夏も間近!気持ちよく走っていい汗かきましょう!

 

 

 

 

=======================================


3、ラテン!ダンス競技会レポ

 


先日、会員さまが出場されたダンス競技会の応援にいってきました!


ダンス競技会」は社交ダンスの大会です。


社交ダンスには「ラテン」と「モダン」がありますが、今回は「ラテン」を観戦してきました。
男女がペアになってゆったり優雅におどる「モダン」に対して、
「ラテン」はかなり激しいです!
テレビでは見たことがありましたが、実際見ると迫力がすごかったです!
とにかく動きが速い!

 

大会の様子はこちら

ameblo.jp