ホグマガ2014年5月号【ラジオ体操でロコモ予防】

こんにちは。山本です。

突然ですが皆様、最近ラジオ体操をしましたか?
「子供の頃はやっていたけど、大人になってからはやっていない」という方が多いのではないでしょうか?

先日、NPO法人全国ラジオ体操連盟主催のラジオ体操講習会に行ってきました。
ラジオ体操、とっても奥が深かったです!

講習会の模様を下にレポートしますので、ぜひ読んでみてください。




 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆今月のホグマガ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




1.あなたは大丈夫?ロコモティブシンドロームについて知ろう!
2.5月、6月のホグレルイベント
3. ラジオ体操講習会に行ってきました!




=======================================

1.あなたは大丈夫?ロコモティブシンドロームについて知ろう!




ロコモティブシンドロームという言葉を耳にしたことはありますか?
最近はテレビや雑誌で「ロコモを予防しよう!」などよびかけているのを見かけますね。

ロコモティブシンドロームとは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、もしくは複数に障害が起き、歩行や日常生活に何らかの障害をきたしている状態をいいます。


2007年、日本整形外科学会が、人類が経験したことのない超高齢社会・日本の未来を見据え、このロコモという概念を提唱しました。

「ロコモ」とならぶ言葉として「メタボ」があります。


「メタボ」はみなさんご存知の通り、「メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症群)」といい、内臓脂肪が過剰に蓄積されることで糖尿病などになりやすい状態を指します。

「メタボ」が「内臓の健康の黄色信号」だとしたら「ロコモ」は「体(骨、筋肉、神経など運動器)の健康の黄色信号」のうような感じで しょうか。

現在、日本でロコモにあてはまる人口は4700万人(男性2100万人、女性2600万人)とされています。


いつまでも自分の足で歩き続けていくために、ロコモを予防し、健康寿命を延ばしていくことが今、必要なのです。




☆☆☆日本整形外科学会が出しているロコモ度チェックをやってみましょう☆☆☆


□片足立ちで靴下がはけない

□家の中でつまづいたり滑ったりする

□階段を上るのに手すりが必要だったりする

□家での思い仕事がやや困難である(掃除機、布団の上げ下ろしなど)

□2kgほどの買い物をして家に持ち帰るのが困難である(1リットルの牛乳パック2本分)

□15分くらい続けて歩くことができない

□横断歩道を青信号で渡りきれない




1つでも当てはまれば運動器が衰えているサイン。ロコモの心配があります。
0を目指して、運動器の改善を行いましょう!


「何をやったらいいの?」という方はホグレルのトレーナ-に相談してみましょう。
ホグレルマシンで適切なトレーニングを行うことで、かなり効果的なロコモ予防をすることができます。


「なかなか時間がないので、家や職場でロコモ予防運動がしたい」という方のために、
整形外科学会が提案しているロコトレを紹介します。





ロコトレ「片足立ち」

☆左右1分ずつ、1日3回おこないましょう☆


1、転倒しないよう軽くつかまれるところで行います。

2、両足で立ち、姿勢を正します。反り腰や猫背にならないようにします

3、姿勢が整ったら、地面から軽く片足を浮かせます。

4、深呼吸をしながら1分間キープします。

5、足をかえて行います。




私もやってみましたが、1分は思っていたより長かったです。
最初は無理をせずできる時間からやってみましょう。

「片足立ち1分間なんて簡単さ!」という方は、バランスパッドの上など少し地面が不安定なところでやるとレベルアップになります。




=======================================


2.5月、6月のホグレルイベント
(参加費など詳細は、お店の掲示コーナーをご覧下さい)



○5月14日(水) ヨガイベント  19時30分~  堀留町区民館

○5月17日(土) 皇居ラン&ウォーキング  10時~  神田店

○5月24日(土) ホグレル~ホグレル×ピラティス~  ①13時~ ②15時~  神田店

○6月12日(木) 八丁堀ウォーキング  14時~  八丁堀店




=======================================


3. ラジオ体操講習会に行ってきました!



先日、NPO法人全国ラジオ体操連盟主催のラジオ体操講習会に行ってきました!


ラジオ体操が初めて放送されたのは、1928年(昭和3年)11月1日の朝7時。
「国民の健康を願ってつくられた国民保健体操」として始まりました。
戦後、運動の先生方が集まり、ひとつひとつの動き、体操の流れを練りに練って、新しいラジオ体操を制定し、それが今私たちが行っているラジオ体操になります。


講習会では、ラジオ体操のひとつひとつの正しい動き、ポイント、目的を確認しながら、体操を行いました。


想像以上にきつかったです!いままでぶらぶら体を動かしていただけだったかも・・・・。
お手本をやってくださった体操のお姉さんの動きは本当にきれいで、みとれてしまいました。


ラジオ体操は、ほぐす動き、のびる動き、維持する動き、速い動きなどいろいろな動きの種類が組み合わさっています。全身をくまなく動かすように作られていて、体操を終えるととてもすっきりします。


ラジオ体操は約5分。第一と第二両方やっても10分程。
特別な器具もいらないので、いつでもどこでもできます。
まじめに毎日やったら、3ヶ月も立つ頃には、体が引き締まりそう!


6月にラジオ体操のイベントを予定しておりますので、そちらで今回学んできたことを皆様にお伝えできればと思っています!ご興味のある方はぜひご参加ください!