授業

f:id:happonashi27:20161026022557j:plain


授業が始まってからはハードスケジュール。

朝は5時に起きて、シャワー(水)を浴びる。インド文化では睡眠は死と近い状態と考えられていて、身体を清めるために、朝はシャワーを浴びる。

5時半  ネイティーという鼻の洗浄
6時  瞑想
6時半  朝のお茶
7時  アーサナ(ヨガのエクササイズ)
9時半  朝食
11時  タットバボーダというインドの哲学の勉強
12時  ヨーガスートラというインドの学問の勉強
13時  昼のフルーツ
14時半  日本語で復習の時間
16時  アーサナ(ヨガのエクササイズ)
19時  夕食
20時  解剖学、アーユルヴェーダの勉強、お祈りの練習など

こんな感じで、隙間時間に洗濯や掃除をしたり、予習をしたり、女子会をしたりして過ごしている。

座学の授業は、全て英語で、最初は全くわからなかったけれど、予習をしたり、よく出てくる単語を調べたりしていたら、徐々に聞き取れる箇所が増えてきた。わかると楽しいから、やる気になる。内容もとても興味深い。座学のスワミジ先生は、とても情熱的で優しい人。私が英語ができたら、もっといろいろ質問できるのにな。

アーサナはヨガのエクササイズのこと。毎日、朝2時間、夕2時間半行う。ホグレルやピラティスなど日頃のトレーニングのおかげか、ヨガ初心者ながら、なんとかついていけている。身体を動かすのは本当に気持ちがいい。頭がすっきりして、ネガティヴな考えが消え、冷静な状態に自分を整えることができる。今の課題はシルシアーサナ(ヘッドスタンディング)ができるようになること。

写真はネイティーという鼻の浄化法のヨガをしているところ。鼻腔や副鼻腔から、余計な粘液や汚染を取り除き、呼吸の流れを良くすることが目的。鼻と目つながる目、口、耳の調子も改善できるらしい。もうひとつ行った浄化法で、鼻から紐を通して、口に出すヨガがありトライしたが、こちらは痛くてできなかった。また来週もあるらしいのでがんばる。

広告を非表示にする