ヨガとは・・・?その1

f:id:happonashi27:20161107164300j:plain

インドに来るまで、ヨガというのは、柔軟性を高めたり、リラックス効果のあるエクササイズだと思っていました。でも学びにきて、エクササイズはヨガのほんの一部で、本来の目的はまったく違うものだと知りました。

ヨガとは、サンスクリット語で「ユジ」が語源で、つなぐ、一つにする、結びつける、などの意味を持ちます。心と体、自分と他者、人間と自然など、世界に存在する様々なものをつなぎ、調和させることを意味しています。

スワミジは「人生はインドの道のようだ」と言います。(スワミジとはヨガ哲学の道を生きる先生。詳しくは別途)インドの田舎の道は、舗装されていないところも多く、車に乗っていると、体が宙に浮くくらい上下に跳ねたりします。また道に牛がいたり、犬がいたりして、スムーズにすすませてくれません。

生きるということも簡単ではなく、いい時もあるし、悪い時もあり、様々な障害や、自分の思うようにいかないことも多くあります。うれしいときもあれば、さみしかったり、つらかったり、怒ったり、様々な感情の波もあります。

ヨガはそんな、多様かつ前途多難な人生を、苛立つことなく快適に、虚無感ではなく充実感を持って過ごすには、どうしたらいいのかを教えてくれます。

どんな思考で、どんな生活を心がければ、ストレスフリーな生き方ができるのか。

そのための一つの方法が、ヨガです。