ヨガとは・・・?その2

f:id:happonashi27:20161107165350j:plain


ヨガのエクササイズのことをアーサナと呼びます。アーサナの定義は「快適で安定した姿勢とされています。

ヨガの基本に瞑想があります。アーサナは、瞑想時、長時間同じ姿勢で座っていられる能力を高めるために行うようになったのが、最初のようです。

(そこから発展して、古代のリシたちは、動物の動きに注目し、動物がどのように自らの肉体と周囲の環境を調和させているのかを観察し、実践する中で、体への効果を検証していきました。シャシャーンクアサナといううさぎのポーズを行うと、闘争心の源となるアドレナリンの流れを動かすことができるそうです)

私も毎日早朝に30分、瞑想を行っていますが、30分じっとして、心を一点に集中させるというのは、けっこうつらいものです。お尻や背中が痛くなるし、シャンプーが切れそうとか、日本に帰ったら何を食べようなど、いろいろ考えてしまって、全く集中できません。

アーサナを通して、心と体のコントロールの練習をします。アーサナの中にはきついポーズもありますが、呼吸に集中して行うことで、長時間の瞑想にも耐えうる心と体の状態を作っていきます。それらは、日常生活でも、ちょっとやそっとでは動じない心身を育むことにつながります。