読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卒業式

f:id:happonashi27:20161122020827j:plain


最終日。


朝のアーサナ終わりのシュローカーの途中から、涙止まらず。
(シュローカーとはお祈りの歌のこと)

ここに来た理由の一つに、仕事が楽しく、のめり込み、でも徐々にのめり込み方が暴走し、コントロールがきかない状態になってしまい、リセットしたかったというのがある。

インドで、すばらしい環境と先生方に囲まれ、心と体の底から、本当によい形でリフレッシュすることができたと思う。

シュローカーが終わった後、ブーマジは私たち一人一人の顔を見ていた。(ブーマジはこのコースのディレクターで、アーサナの先生)長い沈黙だった。普通ならクラスの最後で、何か気のきいたことでも話すタイミングなのかもしれないし、多くの先生はそうすると思うのだけれど、ブーマジはしゃべらず、黙って、ただ視線を送ってくれた。その沈黙が、本当に暖かくて、すがすがしくて、勇気を与えてくれて、とても感動してしまった。

卒業セレモニーの時に、スワミジが「Life is easy. Life is simple. But we make it complicated」と言っていた。

私はやはり人生は複雑で大変だと思ってしまうけれど、1ヶ月前よりはだいぶ肩の力が抜けたように思う。考え方次第では、もしかしたら生きるということは容易でシンプルなことなのかもしれない。この瞬間は少しそう思える。きっと日本に帰ったら、また忙しい日々がやってきて、そんなふうに考えることはできなくなるのかもしれないけれど、今この一瞬そう思えたということは、覚えておきたい。

本当にすべてが楽しかった。インドにヨガを学びに来てよかった。勉強と練習を続けて、RYT500にチャレンジしに、また戻ってきたい。
広告を非表示にする