絶景満載の白山(別当出合〜御前峰)

f:id:happonashi27:20170830231135j:plain



1泊2日で石川県の白山に行ってきた。


白山は石川県と岐阜県にまたがる標高2702メートルの山。


日本百名山で、富士山、立山と共に日本三霊山のひとつでもある。


717年に開山したので、今年がちょうど1300年記念にあたり、何となく縁起もよい。





金曜の22時に東京を出発して、夜通し車で走り、早朝5時に目的地直前までたどり着いたのに、前夜の大雨のため河川が増水し、通行止め。

f:id:happonashi27:20170830233001j:plain

結局、通行止めが解除されたのは9時過ぎ。本当は1日目に登頂し、下山途中にある南竜山荘で宿泊する予定だったけれど、時間的にもう登頂が難しそうだったので山荘まで登って1泊し、翌日にアタックすることに。




大雨が嘘だったかのように、天気は快晴!

白山は人気の山で、休日ということもあり、登り始めは混んでいたけど、高度が増すと人もまばらに。登山道はしっかり整備されていて、登りやすかった。


白山は水源が豊富な山のようで、避難小屋や休憩ポイントに、蛇口付きの水場があり、感動。皇海山の時、雫がポタポタしてるだけの水場があって、一向に水筒に水がたまらなくて苦労したのを思い出した。


南竜山荘までのトラバース路は、見晴らしがよくて、本当に気持ちがよかった。登山道に広がる豊かな緑と、真っ青な空とのコントラストがとってもきれい。

f:id:happonashi27:20170830231343j:plain


f:id:happonashi27:20170830231451j:plain





山荘に到着して、みんなでビール飲んだりして休憩してから、夕ご飯の準備。メニューはメンバーの1人が仕込んできてくれたタンドリーチキンとカレー。

f:id:happonashi27:20170830231514j:plain




そのうち日が暮れてきて、空の色が変わりだすと、山荘やテントからみんな出てきて、夕日鑑賞。


筋状の雲がよい感じに出ていたおかげで、陽の光が雲に映えて、刻一刻と光の模様が移り変わるのが、とても鮮やか。一瞬一瞬が本当にきれいで、まばたきするのが惜しいくらい。人生で一番きれいな夕日だったといっても過言ではなく、気づいたら若干泣いてしまって、隣にいた友人に心配された、というかひかれた。

f:id:happonashi27:20170830232014j:plain





早々に就寝して、翌日は3時起床、4時出発。


満天の星のもと、ヘッドライトの明かりを頼りに、登山開始。


1時間ほどすると、徐々に空が明るくなってきたので、急いで稜線を目指す。

ちょうど稜線に出たタイミングでご来光を迎えた。


当たり前だけど、夕日とは全く異なる美しさ、力強さ。思わずヨガの太陽礼拝したくなった、というかした。


白山はとても広く、スケールの大きい山。


山頂間近の稜線は、朝日を浴びた緑のハイマツがキラキラしながら、どこまでも広がっていて、360度どこを見てもきれい。


室堂に着いたら、山頂まではあっという間。御前峰で記念撮影して、お池巡りルートを散策。白山は活火山なので、山頂付近に窪地が多く、きれいな池が沢山ある。

f:id:happonashi27:20170830233157j:plain

f:id:happonashi27:20170830232133j:plain


f:id:happonashi27:20170830232355j:plain


行きは砂防新道をきたので、下山は観光新道で。観光新道は、見晴らしがよく、楽しい道だった。でも遮るものがなく直射日光を楽しいまともに浴びるので、登りはつらいかも。




初日は通行止めで出だしくじかれたけど、ご来光が見れたし、結果的によりよい条件の中で登山を楽しめたと思う。


2ヶ月ぶりの登山。そんなにきつさはなかったけれど、体力維持と精神衛生のためにも月1回は登りたいところ。

物事を楽しむためには、適度な体力が必要。疲労は大敵。

来月はソロで赤岳に行きたいな、行けるかな。