渓谷堪能山行(大杉谷渓谷~大台ケ原)

f:id:happonashi27:20180714135748j:plain

 

2018年5月3日、4日と、一泊二日で三重県奈良県にまたがる大台ケ原に行ってきた。

大台ケ原は奈良県側から行くと山頂付近まで車で入れて、遊歩道を歩いてすぐ山頂に着けるが、今回私たちは三重県側の大杉谷渓谷から入って、桃の木山の家に宿泊し、2日目に大台ケ原に登った。

大杉谷渓谷は日本三大渓谷のひとつ。私は渓谷の雰囲気が大好きなので、とても楽しみだった。

2日の夜に池袋から夜行バスで、三重県松坂市へ。そこから電車とバスを乗り継ぎ大杉谷渓谷の入り口に向かう。

夜行バスにゆられている間、外は大雨だったけど、松坂についたら雨は止んでいて晴れ間も見える感じに。

 

 

 

f:id:happonashi27:20180714135611j:plain

f:id:happonashi27:20180714135641j:plain

f:id:happonashi27:20180714135658j:plain

f:id:happonashi27:20180714135726j:plain

f:id:happonashi27:20180714135737j:plain

 

水が本当にきれい。道中に滝が何本かあって、どれも立派でみとれた。大きな岩がごろごろしていて、迫力あり。

巨岩と清流と滝と新緑と相まって、とてもきれいな景色。

シシ渕の手前に岩のトンネルをくぐる場所があって、天井がすごく高い細い岩の隙間を通る。内壁にコケがむしていて、岩をつたって水滴がぽつぽつ降っていて、そこだけ空間が薄青緑がかっていて、めちゃくちゃきれいだった。とても好みの空間で30分くらいそこにいたかった。

 

f:id:happonashi27:20180722214145j:plain

 

桃の木山の家についたのは16時くらい。人生で初めての山小屋泊。とてもきれいな山小屋だった。

小さなお風呂もついていて、入らせてもらった。ただ100名ほど泊まれる宿のキャパに対し、湯船は3人入れば満員くらいの規模のおふろだったので、からすもびっくりの一瞬の行水でした。それでも山で体を流せるのは、ありがたいけれど。

夕ご飯まで、宿の外を散歩したり、川べりでビール飲んだりしてゆっくりした。平和で幸せな時間。

 

 

翌日は7時出発で大台ケ原へ。

道中に野鳥の種類と鳴き声が載った看板があって、オオルリという鳥の鳴き声が斬新で、みんなでマネして盛り上がった。メンバーの一人がとても上手で、ツボだった。

 

f:id:happonashi27:20180722214149j:plain

 

お昼に大台ケ原登頂。

西大台に入山申請をしていたので、大台ケ原ビジターセンターに行き、入山前のレクチャーを受ける。レクチャーしてくれた女性は、ちゃきちゃきした関西人で、とてもいい感じの人だったのですが、けっこう疲れていたのもあり、半分寝てしまった。

大台ケ原は吉野熊野国立公園に指定されており、豊富な雨量に支えられた日本屈指の原生林で形成されている。西大台に入るためには、事前にレクチャーを受けて、入山の際の注意事項などを教えてもらう。

登山を始めてまだ2年目だけれど、日本の山の美しさは宝だと思うので、山に対して敬意あるふるまいを心がけたいと思う。

 

f:id:happonashi27:20180714135758j:plain

f:id:happonashi27:20180714135814j:plain

f:id:happonashi27:20180714135809j:plain

 

時間もあまりなかったので、ぱぱっと西大台をトレッキングし、帰路のバスへ。

ゴールデンウィークだったので、現地解散。そこから移動して近くの山に登山に行く人もいたり、観光に行く人もいたり、上高地に向かう人もいたり、みんな自由だ。私は大阪から夜行バスで実家に帰省した。

天候にも恵まれて、楽しい山行だった。遠出してよかった。紅葉の季節にも来てみたいな。